日光東照宮動物園

日光東照宮という「動物園」(8)

戻る戻る   目次    次へ

跳び越えの獅子

陽明門の手前、石段を登ったところの石柵にいるのが「跳び越えの獅子」。石柵と一体で彫られています。この獅子、石柵が倒れないように補強の役割も果たしているのです。
家光がこれを見て「まるで石柵を跳び越えた獅子のようだ」と評したので、「跳び越えの獅子」と呼ばれています。
「狛犬」ではないのですが、狛犬ファンにはお馴染みのもの。逆立ちしているし、摩耗してだいぶ表情が分かりづらくなっていますが、かがんで顔を覗き込んでみましょう。ちゃんと阿吽になっています。

後ろ脚が浮いているところが、まさに「跳び越えた」よう



石柵の補強柱の役割を果たしている



かがみ込んで覗くと顔の表情がよく分かる。これは吽のほう


こちらは阿。舌を出しているように見える。なかなかお茶目だ


陽明門の手前にあるので、一般庶民も見られたはずです。おそらく小松寅吉はこれを見て、白河借宿の石柵裏に同じように逆立ちした獅子を彫ったと思われます(『神の鑿』参照)。


戻る戻る   目次    次へ
HOMEへ 狛犬ネット入口目次へ



狛犬ネット売店へ

『神の鑿』『狛犬ガイドブック』『日本狛犬図鑑』など、狛犬の本は狛犬ネット売店で⇒こちらです



『狛犬かがみ』はAmazonで購入できます


狛犬グッズ
Tシャツからスマホケースまでいろいろな狛犬グッズは⇒こちら


Google
nikko.city を検索 WEB全体 を検索